あくまでも通学しかない

鍼治療

鍼灸師になるための資格を取る学校へ通いたいと考えている人は少なくありませんが、中には通信教育で資格を取りたいと考える人もいます。しかし、残念ながら通信教育では資格を取ることが不可能となっているため、通学できる環境を整えることが重要です。専門学校などの中には夜間部で授業を行っているところもあるため、働きながら資格を取るために夜間部のある学校へ通うことを検討してください。基本的に鍼灸師の資格を取るために通う専門学校の必要期間は3年間であるため、授業に通う時間を捻出することが重要です。また、ある程度の予算が必要となるため、チェックしておくことも忘れないようにすることで、卒業までスムーズに通えます。一般的に夜間の専門学校は昼間部よりも学費が安く、年齢に関係なく通う人がいるため、事前に確認してから通うことが重要です。平均的に学費は1年で100万円から150万円程度とされており、3年間であれば300万円から600万円の間が相場となっています。学校によっては4年生のところもあるため、受講内容を理解して通うことが資格を適切にとるためのポイントとなるため、チェックしましょう。なお、学費のほかに白衣や教科書代、交通費なども必要となるため、働きながら適切に費用を捻出することが重要となっています。

やりたいことを増やすために取る

鍼治療する女性

鍼灸師として資格を取るにあたり、それ以外の資格を取っておいたほうがいいのかと気になる人は少なくありませんが、あれば仕事の幅が広がります。例えば柔道などの経験があるのなら、柔道整復師の資格を持っているとスポーツトレーナーなどの仕事に就くことが可能となります。あん摩マッサージ指圧師なども取得しておくことで、高齢者や腰痛・肩こりなどで悩んでいる人に対してのサポートができるでしょう。それ以外にもアロマセラピストの資格を取れば、鍼灸での知識を生かしてより深いリラクゼーションを利用者に提供できます。介護支援専門員の資格を取る場合には、高齢者の介護施設で専門の担当者として働く事が出来る可能性は高いです。介護施設だけではなく、訪問介護士として鍼灸の資格を持っていることでより高齢者のサポートを行うことができるようになります。スポーツ関連の施設で働きたいなど、目的別に合わせて複合的に資格を持っていることが必要となるため、関連する資格を調べて取得すると便利です。漢方薬の販売資格を取ることで、漢方薬を取り扱うことができるようになるなど、資格を取ることがやりたいことを増やすことにもつながります。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3